•  

無駄な毛をどうにかしたい方必見!おすすめのムダ毛対策方法とは

夏は勿論のこと、エアコンが普及した近年では1年を通して薄着で過ごすシーンが増えてきました。そこで不安要素となるのが無駄毛。恥ずかしいをしないためには、日頃からムダ毛処理に気を配ることが大事になるといえます。

むだ毛処理は自力でもできますが、効き目を計算するのならやはり脱毛エステか診療所がイチオシです。そしてその双方には効果や費用等で一長一短があり、どの条件を要望するかによってどちらを選ぶのかが変わってきます。

ここでは、脱毛サロンとクリニックでの脱毛方法を比べ、決める時の判断材料を検証していくことにします。

毛の役割や性質について

人々には頭髪を含めほぼ全身に毛髪が伸びており、それは約150万から200万本になるといわれています。

毛には、保温や断熱をすることで体温を安定的に保つ役目や、外からの肌への負荷を和らげるクッションの役割、直射日光を防止するなどの機能があります。また、ムダ毛の元の毛根の周辺には外部からの振動等の情報を感じる神経が集まっており、感覚器としても作用しています。

さらに、外部のゴミやチリ等を吸い込まないようにするフィルター機能や、体内の毒素を外に排出する機能もあり、決して余計な存在ではありません。

多様な役目を持つ毛には、男子ホルモンと女子ホルモンの反響を大きく受けるという特徴があります。

女子ホルモンはヘアーの発達に関係するホルモンですが、それ以外の眉毛から下の毛を形成しているのは男性ホルモンです。したがって女性でも男子ホルモンの分泌が多い場合には、体毛が濃くなるといわれています。

それが過剰になると、手足や口の周り等の体毛が固く濃くなる多毛症となるケースもあります。

自分でできる推奨のムダ毛対策方法

このように体毛には多くの機能が認められていますが、これらは大昔から存在しているヒューマンにとって必要とされてきた機能です。

近年生活においては、体温を安定的にキープしたり肌をガードする機能は、家屋やエアコン・洋服等が担っています。したがってムダ毛対策することに問題はなく、そればかりか他人を不快にさせない・軽口を言われない等の理由からは、ムダ毛対策はむしろ必要となるケースが多いといえます。

ムダ毛対策する場合には、まず自宅でのセルフケアの方法が考えられます。

カミソリや電気剃刀で無駄毛を剃る手段が最も簡単ですが、肌への刺激が大きく炎症を引き起こしてしまう恐れもあります。また、すぐに生えてきてしまい効力が持続せず、チクチクした嫌な感触という短所もあります。

この感触を解消し、効き目の維持時間も長時間なのが脱毛クリームです。ただしムダ毛処理クリームは薬品の効果で無駄な毛を溶かすため、スキンへの刺激が大きいというデメリットがあります。

そして、ワックスを無駄な毛に絡ませて毛根から一気に抜きとる、脱毛ワックスという方法もあります。産毛から剛毛・白髪まであらゆるムダ毛に対応しますが、痛みが強く皮膚へ負荷をかけることが欠点です。さらに維持期間も他の手段に比較すれば長いとはいえますが、継続的な影響は望めません。

脱毛サロンやクリニックでできるムダ毛処理方法とは

スキンへの負担を軽減し長い期間にわたってムダ毛処理の効力を維持させたいのであれば、自力でのセルフケアではなくプロに任せる方法が推奨です。

専門家には脱毛エステと医療機関である医院の2つがあり、どちらも器具から光を照射し毛根に熱変化を起こすというベーシックなムダ毛処理方法は同等です。

ただし、脱毛サロンとクリニックでは当てるレーザーの波長の長さが異なっていて、脱毛エステでは複数の波長を含んだレーザーを広範囲に照射するムダ毛対策が、医院では1つの波長で集中的に熱を集めて当てる光脱毛が行われています。

ピンポイントの照射である光脱毛は、医師がオペする診療所でのみしか行えないほどの高レベルのレーザーの照射で、高い脱毛影響も得られることになります。レーザームダ毛対策の場合にはサロンの光ムダ毛対策のおよそ半分の回数で、ほとんど自己処理が必要なくなるレベルにまでなるといわれ、さらに永遠ムダ毛対策もできます。

その一方で、高出力の光照射には痛みも伴います。脱毛サロンのレーザームダ毛対策ではほとんど苦痛を感知しないのに対し、診療所でレーザーをスキンの薄いVIOに当てられると、人によっては耐えられないほどの痛さを感じるともいわれています。

脱毛サロンや医院を選ぶ時の注意点

むだ毛の処理をする場合にはセルフケアではなく、専門家の力を借りたほうが良いことはわかりましたが、脱毛エステと診療所のどちらをチョイスすればよいのかについては一概にはいえません。

上記のように、診療所では比較的短期間で大きなムダ毛対策効き目を得ることができますがそれには激しい痛さが伴います。

一方脱毛エステでは、苦痛を察知することなく永遠とまでは望めなくてもある程度の効力は得ることができ、施術後は保湿等のスキンのケアを受けることもできます。ただ施術後のケアに関しては、万が一何か医療的な異常が発生した時にエステでは対処できず、そこは医者が施術してくれるクリニックとは違うポイントです。何より医院には、医者が傍についているという信頼感があります。

またフェイスムダ毛処理を受ける場合、診療所では施術後のメイクは制限を受けますが、施術後すぐのメイクも可能な脱毛サロンは多くあります。

さらにコストの面では、サロンよりも診療所を利用したほうが高くなります。サロンであれば期間限定のキャンペーンや割引特典の付いたコースを設定している場合がありますが、クリニックではこのような値引きはまず望めません。

このように、脱毛サロンと医院には一長一短があります。この両者で困っているのであれば、自分が一番重きを置くのはどの点なのかをよく考えて、納得のいく脱毛方法を選択してください。

自宅でも永久脱毛はできるか?

病院やエステに行って永久脱毛をしてもらうにしても、お金がかかりすぎて手が出せないという人が多いと思います。
そこで自宅でできる永久脱毛法があったら、と考えるのはとても自然なことでしょう。

 

しかしそんなことは実際に可能なのでしょうか。

結論からいえばやはり自宅で永久脱毛を行うのはかなりの無理があります。

 

確かに脱毛器を買う方がエステに行くよりも安いですが、実際に市販されている脱毛器の数々を用いてみても、効果が目に見えて現われなかったり、使用後に肌が目にあまるほどに荒れてしまったりしてしまうというのが現実です。

 

なみに市販されている脱毛器はエステや病院にあるものとは比べ物にならないほどに威力が抑えられているため、なかなか望むような結果が得られないといったこともあります。

 

また、足などの目に見えやすく手も届きやすい場所であればやる気にもなれますが、脇の下やヒゲなどの場合は見えにくい上に脱毛器の操作が難しく、危なくてとてもできるものではありません。

 

かも抜いた後にもやはり生えてきてしまいますし、その毛にも余計なクセが付いてしまい埋もれ毛になってしまうことも多々あるようです。
このようなことを考えると、とても自宅でやろうと考えることは安易な考えだと思えてきます。

 

理をして自宅用の脱毛器を買うのであれば、多少それよりも値段は張りますが確実な病院などでの永久脱毛を行った方が圧倒的によいと私は思います。
お金か時間かとあれこれ考えていうよりも、安全性と確実性をよく考えて永久脱毛へと踏み切りましょう。